看板

看板はシンボルマーク

最近の統計では、パソコンやスマートフォンを利用し、事前
にお店を決めてから来店する目的型来店が増えています。

外食するにあたり、インターネットでお店を予約した事が
ある方は多いと思います。このような場合看板は店舗の
表札(シンボルマーク)としての役割を担います。
予約して頂いたお客様が確実に店舗にたどり着く為
には、看板の誘導力が重要です。
「お店が見つからなかった から別の店に・・」と
ならないように、看板でしっかりと誘導する事が
大切です。

業種にもよりますが、特に老若男女様々なお客様が来店する店舗ではどの年代のお客様に対しても
わかりやすい情報を掲示する
事が大切になって

きます。

看板を効果的に利用する

看板の差別化

以前友人の結婚パーティーの幹事を任された時、時間になっても
いっこうに人が集まらない事がありました。参加者には地図や住所、
さらには飲食店のホームページアドレスまでも報せてあった為、
かなり焦った記憶があります。

 

よく考えて見ると、そこのお店は新宿歌舞伎町の雑居ビルの5階にあり、
店舗の看板が周囲の景色と同化していて見つけにくい状態である事に気が
つきました。
ホームページに地図や住所を掲載していても、”初めて来る場所”では迷って
しまうお客様もいるという例です。

このような場合、看板の表札(シンボルマーク)としての役割がさらに重要
になり、数多くの看板が並んでいる街中では極力近隣他店の看板と差別化を図り、
なおかつ情報をわかりやすく掲示する事が大切です。

お問合わせはこちらから
看板が出来るまで
みんなでシェアして、低炭素社会へ。
Copyright (C) 2013 Nagashima-kougei All Rights Reserved