看板

看板は表示内容が重要ではあるものの、その特性、用途、
設置環境などにより、「コスト≠効果」となります。
例えば、短期的なイベントやキャンペーンを実施すると
します。この場合、耐久性の高い高価な素材を使う事は
無駄になります。
3カ月~半年程の耐久性がある安価な素材を使うべきなの
です。そうする事で、イベント・キャンペーンの開催費用
を抑える
事ができます。

反対に、右の写真のような長期掲示される看板の場合は、
耐久性の高い素材で製作する事で看板をより長い間利用
することができます。

この2種類の看板は簡単には手が届きません。作業するには高所作業車を使ったり足場をかけたりするわけですが、その分の費用がかかってしまいます。このように高いところや、手の届きにくい場所に設置される看板は、初期費用を抑えて安価な素材を使ってしまうと、長い目で見たときに余計に費用がかかってしまうことになります。
逆にこちらの2種類の看板はどうでしょう。店舗前に置かれているわけですから簡単に手が届きます。製品によっては、お客様自身で表示面の交換が出来てしまうものもあります。
定期的に内容を更新すれば、看板はアクティブ(活動的、積極的)になり、歩行者にもより一層興味を持ってもらえます。

看板のメンテナンス

上の写真の看板を見れば、このお店がカレーを売っている事がわかります。この店舗の別の看板には、駐車場がある事も明確に掲示しています。 看板の構成としては、「美味しいカレーライス創ってます。」というキャッチコピーとカレーの写真です。
イチオシ商品を紹介すると同時に魅力をアピールし、これを食べたいという欲求に訴えます。
人を集める看板作りの良い見本と言えます。
お問合わせはこちらから
看板が出来るまで
みんなでシェアして、低炭素社会へ。
Copyright (C) 2013 Nagashima-kougei All Rights Reserved