こんにちは、横浜の看板屋長島巧芸の長島です。

 

 

今日は、屋外広告条例についてお話ししたいと思います。

各都道府県、政令指定都市などには、屋外広告条例という条例があります。

中身を見てみると、街の景観を守るものであったり、危険を回避するもの

だったりします。

 

最近では、北海道での看板落下事故などがあり、より厳しくなりました。

そういった意味でも、自店舗の看板がメンテナンスを怠り落下した場合

Yahoo!ニュースに取り上げられたりしてしまう恐れもあるので、メンテナンスは

どこの業者でも構いません。

是非、定期的に行ってください。

 

景観に対する条例に関しましたは、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが

色を制限したり、形、大きさ、面積を制限したりすることが多いです。

 

しかし、条例を守っているとおしゃれな街はいいですが、下町や商店街など盛況感のある

地域では、面白くなくなることも事実だと思います。

 

私どもも、難しいところですが、条例は条例で大事だというところだと思います。

 

気になる方は是非、神奈川県の屋外広告条例は下記のPDFをご覧ください。

 

昭和56年創業

看板のことなら、長島巧芸へ

TEL 045-352-9393

※お問い合わせの際は、ブログやHPを見たとお知らせ頂けるとスムーズです。

HP

 

 

http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/893115.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です